LINEオリジナルスタンプ

  • まるのたからばこ
  • まるのたからばこ

magnet114ツイート

わたしの読書

カテゴリー「書籍・雑誌」の70件の投稿

書籍『十二国記~月の影 影の海~』

小野不由美『十二国記』シリーズの第1作目『月の影 影の海』を読みました。

月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)  月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫)

 

大人気シリーズということで、以前から存在だけは知っていました。

当初は年少読者向けジュニア小説(ライトノベル)として刊行されていたそうです。

1990年代以来のロングベストセラー・異世界ファンタジー。

 

 

主人公・陽子はうしろめたさのかたまりのような生き方をしてきた優等女子高生。

突然異界へ放り込まれて多くの理不尽と修羅場を生き抜いていきます。

 

陽子の本音をズケズケと代弁する

蒼い首だけの猿の存在にはドキッとしましたよ。

この蒼猿は、きっとわたしの心の中にもいます・・・ガクガクブルブル((( ;゜ Д ゜)))

ネズミの姿の半獣・楽俊(ラクシュン)はええことをちょいちょい言ってくれます。

人間(?)ができすぎているほどです。

 

設定の壮大さや個性の強いキャラクターたちが目をひき、おもしろかったです。

 

続きはまだまだあるけれど、ひとまずここでストップします~

↑いつも通り(^_^;)

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記) 風の海迷宮の岸―十二国記 (新潮文庫 お 37-54 十二国記)
小野 不由美 山田 章博

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫) 風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫) 風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫) 月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫) 月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)

by G-Tools

書籍『富士日記』

富士日記〈上〉 (中公文庫) 富士日記〈中〉 (中公文庫) 富士日記〈下〉 (中公文庫)

武田百合子『富士日記』(上)(中)(下)

とうとう3冊、読了しました。

ついに、武田先生(武田泰淳。著者の夫)がお亡くなりに!

とうとう。

 

以前ブログに書いたときは

一部のみの拾い読み(=つまみ食い)状態でした。

今回ははじめから、

まったく頑張らずにゆっくりと、

通勤の行き帰りにだけ読んでいました。

すごく心が落ち着く薬のような本でしたよ^^

くどくない文体で、たんたんと綴られている日記。

寂しい・悲しい・つらい・美しい・嬉しい・楽しいなどということが、

平等に書かれている感じがして、いいんですよね。

 

犬が死んだところを読んだときは通勤の往路で、

悲しすぎてわたしは半泣きの状態で出勤となりました。

犬を車のトランクに入れて長距離移動なんかフツーするか???

などと怒りつつ。

 

ここ数か月、わたし自身も簡単な日記をつけておりまして、、

つい自分の日記に

「今日は飼い犬のポコが死んだ」

と書いてしまいそうになりました。

それぐらい、わたしの毎日と『富士日記』の毎日が

シンクロするような感覚に陥る、今日この頃でございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

 


日日雑記 (中公文庫) 日日雑記 (中公文庫)
武田 百合子

遊覧日記 (ちくま文庫) ことばの食卓 (ちくま文庫) 犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫) 富士日記〈下〉 (中公文庫) 富士日記〈中〉 (中公文庫)

by G-Tools

書籍『嫌われる勇気』

オーディオブックを初めて利用しました。

趣味のお絵かきをしながら聞いていましたよ。

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

岸見一郎、古賀史健 『嫌われる勇気』。

アドラー心理学の主な内容を、青年と哲人の対話形式で紹介しています。

 

肝に銘じておくべきこと、

誤らないようにしておくべきことが、

たくさん詰まった一冊でしたよ。

 

 

対話形式なのでなおさらですが、

朗読に感情がこもっていて、

青年が痛いところを突かれて怒り狂っているようすがよくわかり、

聴きながら吹いてしまいました^^

とてもわかりやすいです。

 

 

 

「目的論」、ひじょーに厳しい!

だけど、ほんとのことなんですよね・・・・;;;

 

 

この本にはほかにもいくつか大切なキーワードが出てきます。

その中で、

 

人生には過去も未来もなく刹那が連続しているのみ。
したがって今「ここ」が最も大切である。

 

という意味のくだりなんて、

好きでよく読んでいた小池龍之介さんが言っていることと重なっていました。

異なる人が異なる立場から同じことを言っているなあと。

もうこれは正しいということですよね??

 

 

 

 

 

ときどき思い出したい内容がたくさんあったので、

ときどき復習すべく、

耳が寂しくなったら聴いてみようと思います。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健

アドラー流 たった1分で伝わる言い方 アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書) マンガでやさしくわかるアドラー心理学 7日間で身につける! アドラー心理学ワークブック マンガでやさしくわかるアドラー心理学 2 実践編

by G-Tools

書籍『知識ゼロからの西洋絵画入門』

途中引っ越しなどあったけれども、

絵画教室に通うようになって合計2年以上になります。

少しはうまくなってるんだろうか。

教室ではデッサンを中心に

たいへん真面目な絵を教えてもらっているのもあって、

(これがまた本当に描けなくてイヤになってしまうんですが)

今回はこういう本を読んでみました。

 

知識ゼロからの西洋絵画入門
山田 五郎
4344901223

 

中学の美術の時間にひととおり習っている内容かと思われます。

すごくわかりやすく、勉強になりました。

ただ、作品そのものよりも、

画家たちの人生の波乱万丈ぶりのほうについ興味が・・!!;;

 

各作品は、ぜひ本物を見てみたいものです。

 

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


知識ゼロからの西洋絵画史入門 知識ゼロからの西洋絵画史入門
山田五郎

知識ゼロからの西洋絵画入門 知識ゼロからの日本絵画入門 鑑賞のための西洋美術史入門 知識ゼロからの印象派絵画入門 ぶらぶら美術・博物館 プレミアムアートブック2015-2016 (エンターブレインムック)

by G-Tools

書籍『何のために生まれてきたの?』

図書館にて。

↓↓↓

 

何のために生まれてきたの? (100年インタビュー)
やなせ たかし
4569783007

 

字が少なく、たいへん読みやすく、

すぐに読めるし、めちゃくちゃわかりやすい。

 

そのとき珍しく夫も一緒だったため、

わたしは彼にこの本を差し出して、

 

わたし「この本いいこといっぱい書いてあるで!」

 

と勧めてみたところ、

本を受け取った夫はぱらぱらと少し眺めて、

 

夫「おれと同じ考えが書いてあるようなので、おれは読む必要はない」

 

わたし「(!!)」

 

とのことでした。

 

夫はスゴイ。

 

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


アンパンマンの遺書 (岩波現代文庫) アンパンマンの遺書 (岩波現代文庫)
やなせ たかし

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書) やなせたかし 明日をひらく言葉 (PHP文庫) 何のために生まれてきたの? (100年インタビュー) 絶望の隣は希望です! ユリイカ 2013年8月臨時増刊号 総特集=やなせたかし アンパンマンの心

by G-Tools

書籍:『夢見つつ深く植えよ』

田舎で一人で住むとはどういうことなのか、単純に知りたくてセレクト。

メイ・サートン『夢見つつ深く植えよ 』。

夢見つつ深く植えよ

 

当時46歳の女流詩人の著者が、
アメリカ北東部の田舎で広大な土地付きの古い一軒家を購入。
両親の形見の家具などとともに生活をしていく中で書かれたエッセイです。
自身の精神的ルーツ、良い仕事が生まれるときとは、など、
家づくり、庭造り、隣人たち、荒々しい自然環境を通して描かれています。

私自身は著者の言う「自分にかまけすぎている」年代なので、
年齢的に追いつかない内容でした。
全体的に隠喩?表現が多くて
私ごときには読みづらい文章でもありました。
読書にチャレンジしていると、
ときどきこういうことがありますね。
でもいいです、また何十年かあとに
ふさわしいタイミングがやってくると思います。

庭造りが好きな人によく読まれているとのことですが、
庭造りが楽しめるのもある程度年齢がいってからなのだそう。

ちょっと安心。
なぜならわたしは庭付きの家に住んでいながら、
ほとんど手をつけられないでいるから。

花はきれいで好きだけど、ちょっとプレッシャーだったのです^^;

 

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


独り居の日記 独り居の日記
メイ サートン 武田 尚子

私は不死鳥を見た―自伝のためのスケッチ 一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い 猫の紳士の物語 須賀敦子ふたたび (KAWADE夢ムック 文藝別冊) 一日一日が旅だから

by G-Tools

書籍『禁酒セラピー~読むだけで絶対やめられる~』

150422m

 

この度、夫が酒をやめました。

 

 

夫が酒をやめたことは、わたしに衝撃を与えました。
なぜなら、夫はヘビードリンカーで、
一方わたしは明らかなるキッチンドリンカーだからです。
しかも飲むのはキッチンだけに留まらず、
飲み始めると寝るまで飲み続けるのである。
毎日(!)。

わたしも夫もビールやチューハイではなく、芋焼酎派。
夫はロック、わたしは炭酸で割って。

 

夫が酒をやめて、

「抜け駆けされた!」

と思ってしまったわたし。

 

しかし、夫は本当に酒をやめてしまった。
わたしだけ飲みっぱなしているわけにはいかない!

 

 

すぐこれが頭に浮かびました。
↓↓↓

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)
アレン・カー 阪本 章子
4845408880

 


妊活にともない何度か禁酒にトライしたことがあります。
そのときは飲んではいかん明確な理由があるため、
わりとすんなり飲まずにいられました。
しかし妊活に区切りをつけて久しい(←そーなんです)今となっては、
飲んではいかん理由がなくなってしまった。

 

もうすぐアウト。
うすうす感じていたところ。

 

この本は、「飲んではいかん理由がない=飲むのが当然」という考え方が
完全におかしいということをこんこんと言い聞かせてくれます。
説教をされるのは誰でもイヤだと思うけれども、
ここは観念して酒の真実を見つめる勇気を持ったほうが
今後の幸せのため。

ごもっともである。

 

せめて家での習慣飲酒を撤廃しようと思っています。
この本によると、「節酒」では意味がないということだけれども;

頑張らずに、酒なしで楽しい毎日を送ることを目指そうと思います。

現在禁酒10日目。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト) 読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)
アレン・カー 阪本 章子

読むだけで絶対やせられるダイエット・セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト) 女性のための禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト) 禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R) 禁煙セラピー イラスト版 [セラピーシリーズ] (ムックの本 820) リセット禁煙のすすめ―タバコの迷路から脱出し、自由の鐘を鳴らそう!

by G-Tools

書籍『督促OL修行日記』

最近文庫化され、書店の目立つところに置かれているこちらの本。

↓↓↓

督促OL 修行日記 (文春文庫)
榎本 まみ
4167903172

 

 

ハイ、現在同業です。

 

て、いきなりカミングアウトしてみました。

同業と言っても、わたしは当然社員などではなくイチ・オペレーターでございます。

社員さんに大変お世話になっている者でございます。

 

なので購入しました。

あっというまに読みましたよ。

あるあるがたくさん書いてあって、ぜひ取り入れてみたいテクニックもいくつかありました。

作者の方は自ら「ヘタレ」とおっしゃっていますが、

わたしからしたら非常に現実的前向き思考で、

超努力した結果自分の居場所をつかんだ強い人だと思います。

 

悪質なクレームや完全にこちらに非がある場合のクレームの対処は割合高レベルな腕が必要です。

わたしなどはまだまだで、

本来クレームにならないはずなのにクレームに発展するパターンというのがありまして、

これは主に、知識不足、説明不足、誤解によるものであり、

まずはここからクリアしないといけないといったレベルでございます。

人によって、同じ言い方で説明しても、

受け取り方が全然違ったりするのが難しいです。

人間のタイプによって何種類か言い回しを決めておくと良さそうです。

この本によるならば、

各言い回しをフセンに書いて目に見える場所に貼っておく、が使えるかなあと。

 

 

新品の本☆

この頃すぐ購入に走る傾向にあります。

主婦で節約をしなければならない立場ですが、開き直り気味です。

良いのです、本が好きなら買うべきなのです。

作家さんのために。

と、自分に言い聞かせています。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則―「あなたの心と立場を守る!」 クレーム・パワハラ・理不尽な要求を必ず黙らせる切り返し話術55の鉄則―「あなたの心と立場を守る!」
神岡 真司

職場の弱者につけ込む意地悪な命令・要求を賢く断る生き残り話術55の鉄則 プロ法律家のクレーマー対応術 (PHP新書 522) 現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書 パワハラ呼ばわりに怯えることなく部下をコントロールする賢い上司の話術50の鉄則 となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ)

by G-Tools

書籍『沈黙入門』

次は何読もう?となったときに、結局同じようなのを手に取りがちです;

今回はこちら↓↓↓

沈黙入門 (幻冬舎文庫)
沈黙入門 (幻冬舎文庫) 小池 龍之介

幻冬舎 2010-08-05
売り上げランキング : 19780


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

言葉が軽やかで、事例も今ふうで具体的でわかりやすく、読みやすかったです。

 

「自分濃度」・・・わたし、濃いわ~(^_^;)

ブログをやっている時点で自分語りしまくっているようなものです。

 

小池龍之介さんの本は何冊も読んでいるのに、ほんと身につかないです;;

簡単にできそうでいて、つい心がけを忘れてしまい、自らスマートじゃない考え方をしてしまって、しょっちゅう苦しんでいる自分がいます。

心のクスリとして、ときどき読み返したほうがいいかもしれないナー。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


考えない練習 (小学館文庫) 考えない練習 (小学館文庫)
小池 龍之介

苦しまない練習 (小学館文庫) もう、怒らない (幻冬舎文庫) こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書) 沈黙入門 (幻冬舎文庫)

by G-Tools

書籍『国盗り物語』全4巻!

司馬遼太郎『国盗り物語 』全4巻をようやく読破!

 

昨年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』を観ていて、戦国時代に今さらながら興味を持ちはじめたところでした。

歴史小説が好きな方々の間では基本中の基本と言われるこの作品。

 

期待通り、とても楽しませてもらいました!

最後の方になると物語が盛り上がってきて、夜寝る前に一気読み。

 

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫) 国盗り物語〈第4巻〉織田信長〈後編〉 (新潮文庫) 

 

前半の齋藤道三編ももちろん良かったけど、やっぱりインパクトがあるのは後半の織田信長編ですね。

わたし、勝手に「織田信長vs明智光秀」のお話かと思ってたんですが、はじめから光秀の負け物語。みたいなことになってたんですね・・・

実際に争って負けた、というより(事実信長を斃している)、光秀は結局ずーーーっと負けているような感覚で生きてきた?

光秀は、文武両道に長け、仕事も誰よりもできる、すごく能力がある人なのに、人生の最後がああなっちゃうってすごくもったいないし、哀しいことだと思いました。

なまじ、家柄や知識や能力があるのを自覚して生きていくのは、何もないよりも生きにくいのかもしれません。

 

 

まーーでも、信長みたいな社長だったらめちゃくちゃやりにくそうだなあ;

ていうか、無理やな!!

言葉が短すぎて何言ってるのかわかりにくそうだし、かと言って聞き返したり、もたもたしてるとブチ切れられる、とか(これぐらいなら普通にいるか;;)。

部下をわざと公然と比較して、ライバル心に火をつけさせ、より良い働きを得る、とか(これもいるか)。

残忍な超悪趣味に付き合わされ、従わないと「こいつ何かある」と疑いをかけられる、とか。

仕えるのも大変な賭けだったでしょうね。

 

 

 

 

司馬遼太郎はおもしろいに決まっているのでキリがなーーい!!

ので、次は違う作品を読もうと思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


大河ドラマ 国盗り物語 総集編 全2枚セット 大河ドラマ 国盗り物語 総集編 全2枚セット


by G-Tools

より以前の記事一覧

別館サイト

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ