LINEオリジナルスタンプ

  • まるのたからばこ
  • まるのたからばこ

magnet114ツイート

わたしの読書

カテゴリー「学問・資格」の4件の投稿

宅建主任者証ゲット!!

shuninshasyou

やっとゲットしました宅建主任者証
受かってスグ申請したわけじゃないけど、時間かかるよなあ・・・

 

で、運良く就職決まってくれれば従業者証明持って変更の届出。
面倒であるっ!

 

高い申請代払って登録・主任者証交付してもらったので、就職を目指さないわけにはいかないゾ!
いろいろ悩みは尽きないけども、とりあえず職を得なければ。


▼ランキングに参加しています☆どうぞよろしくおねがいいたします!▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

わかって合格る宅建〈平成23年度版〉 わかって合格る宅建〈平成23年度版〉
木曽 計行

わかって合格(うか)る宅建 過去問セレクト300〈平成23年度版〉 (わかって合格る宅建シリーズ) 過去10年本試験問題集〈平成23年度版〉 (わかって合格る宅建シリーズ)

by G-Tools

宅建受かったよ!

10月に受験した宅地建物取引主任者資格試験、無事に合格しました。   
昨日はその発表日で、午後3時すぎごろ簡易書留で合格証書が届きました。    
   

 

やっとゲット。という感じです(毎年受けてきたわけではないけど)。   
この合格そのものは一生有効で、わたしにとって(運転免許を除いて)生まれて初めて取れた資格。

 

実際に活用するには、実務講習を受けて兵庫県へ登録して主任者証をゲットするという作業が残っていますが、このへんはさくっとやってしまおうと思います。

 

 

 

さて、そのあとどうしようか思案中。。。

 

▼ランキングに参加しています☆どうぞよろしくおねがいいたします!▼ 
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ 
にほんブログ村

宅建受けてきた

久しぶりに更新します。。。

 

昨日(おとつい?)までお勉強してました。   
昨日がテストの本番でした。   
今日からお勉強から開放されましたので、できるだけ更新していくように努めたいと思います。。

 

 

 

で、宅建。   
我ながらよく頑張った。   
何年か前、不動産屋に勤めていたときに受けて落ちたときに比べて20倍ぐらい頑張ったつもり!   
あのときと違ってかなり自由になる時間がある立場だし(^ ^;   
その時間は間違いなく、ほぼシュフである身分の恩恵を受けて得られる類のもの。   
(但し、シュフのわりにテスト本番が近づくにつれ家事の一部を放棄してしまい、食生活も、家自体も、かなり荒れている)

 

 

 

テストが終わりさえすれば晴れ晴れした気分で帰ってこれると思っていたのに本番の手ごたえかなり悪く、相当ヘコんで家路につく。

 

 

 

そんな最低な気分のときにとった写真。   
テスト会場の、テスト終了後のようす。↓

 

129   
神戸ポートアイランドのとある大学。   
神戸の港が一望 できます。   
こんなパース、建築のプレゼンでありそう。

 

 

 

005 
↑家路に着く受験生の皆さん。   
心なしか、テスト前よりもリラックスした感じがします。

 

 

 

帰宅してからもしばらくは、恐ろしくて自己採点できない状況に陥る。   
青年会に入っている旦那は近所の祭で屋台を担ぎに行っていて(奥さん方は手伝いに行かなければならない決まりは特になかったらしく、ありがたかった!)、わたしはひとりで打ち上げを開始し、酒浸りになった状態で初めて各資格予備校が発表している解答速報で自己採点を実施(それでも半泣き)。

 

その結果・・・

 

 

 

たぶんいけてるかと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

12月の合格発表までは正確にはなんともいえないんだけど。   
それまで気持ち悪い!んだけど。

 

 

 

とりあえず、荒れ放題の家をなんとかしないといけない。

 

▼ランキングに参加しています☆どうぞよろしくおねがいいたします!▼
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村

『聞くだけ宅建』民法の巻!

宅地建物取引主任者!    
憧れの職種であり資格なり!    
不動産関係に勤めていた頃に5点免除を無駄にした経験がある。    
実務に頼ると試験は通らない。    
やっぱり正しいことを知っとかないとね。

 

てか、まだしぶとく宅建の勉強をしようとしている。

 

受験勉強って、どうやるんだっけか?

 

て、大人になってから切に思う・・・

 

テキスト的な書籍は持ってはいるけれども、なかなかそれだけ読んでいてもおもしろくなく、集中力も続かず、言葉が難しくて理解も進まず、よって問題を解くのもめっちゃくちゃ時間がかかり、せめてたとえ話をまじえた解説がついている音声でもあれば頭に入りやすいんじゃないかと思って、『聞くだけ宅建 平成22年版 ―松田弘のCD講座』を入手し、晩ゴハン作ってる間に聴くことにしました。

 

まずは民法だけ(^ ^;    
(いきなり全部をそろえる勇気はナイ。けっこうな出費ですから)    
しかし民法ってテストの鍵になる!これは間違いナイ。    
(そして生きていくのにも役に立つ。かもしれない)

 

 

 

ふむ。   
今日はちょい進んだ。    
「連帯保証人」とか「用益物権」とか「担保物権」とかややこしいところはあんまり聞こえてこず、一方で「相続」のところになると耳がぴん!てなるのです。

 

「試験ではたいてい死ぬのは夫です」

 

と、CDの中の先生が事務的に(ちょっとめんどくさそうに)言い放つのをきいて、便宜上わかりやすい例としてとはいえ、いつも殺されている「夫」って一体・・・と思わずにはいられなくなり、続いて「ふつうの状態(=妻と子供がいてそれ以外相続する可能性のある人物がいない)」だったら妻はいくらもらえるのか、子供が先に死んでいて親が生きてる場合は妻はいくらもらえるのか、兄弟だけが生きている場合は妻はいくらもらえるのか、嫡出子(婚姻により生まれた子)と非嫡出子(婚姻関係にない人とのあいだに生まれた認知した子)がいたら妻はいくらもらえるのか・・etc、いつのまにか妻がいくらもらえるかだけに興味が集中している自分に気づく・・・!!!!

 

て、何かをやりながら耳だけでラクしようとしていると、結局関心のあるところしか聞こえてこないということで、マジメに過去問やらなきゃいけません。

 

▼ランキングに参加しています☆どうぞよろしくおねがいいたします!▼   
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ   
にほんブログ村

別館サイト

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ