LINEオリジナルスタンプ

  • まるのたからばこ
  • まるのたからばこ

magnet114ツイート

わたしの読書

« 花火観てきたよ! | トップページ | 珍しアイス&ドリンク!! »

大山と『富士日記』~(*^ー^*)

夏休みの初日、鳥取県・大山へ日帰りドライブ。

大山まきばみるくの里にて。

この日の気温は26℃ぐらい。

涼しい~♪

牛さんを眺めていて、ふと振り返ったらこのお山の姿。

美しい稜線です。

裾野が広いの。

BBQと(贅沢!)、濃厚なみるく味のソフトクリームを食べ、至福のとき。

ベンチなどの近くのコンクリの地面に白いしずくのあとが無数にあるところを見ると、ここのソフトクリームは誰もこぼさずに食べることができないようです(わたしもこぼした)。

 

このあと、桝水高原天空リフトへ。

往復券大人ひとり700円。

片道券大人ひとり500円も購入可能だけど、帰りはけもの道を徒歩で下ることになる、みたいなことが書かれていて、誰が買うんだろう・・・。と思いました。

ちなみにリフトで上ったところでは下り券の購入はできないシステムになっていました。

展望台にて視界の半分は雨だったけど、すごく気持ちよかったです。

 

 

最近少しずつ読んでいる本。↓

4122028736 富士日記〈下〉 (中公文庫)
武田 百合子
中央公論社 1997-06-18

by G-Tools

昭和の古いエッセイ、ていうか日記です。

作者は、旦那さまが文豪で武田 泰淳、自身ものちに作家となられる武田百合子さん。

ふたりの娘さんは写真家でエッセイストの武田花さん。

変色してちょっとニオイのする古い図書館の本を読んでるんだけど、これがハマった。

富士山麓に購入した別荘での、なんちゅうことない毎日を綴った日記。

朝昼晩の献立、今日買ったもの、車で通った道の景色、今日はこんな花が咲いていた、こんな動物を見た、主人が○○と言っていた、などなど・・

ひたすら、長々と、淡々と書かれていて

で、どう思ったのあなたは?

ていうところがほとんどぎりぎり書かれてないの。

かと思ったら、ごくたま~に、これ!ていうことは、短いことばでぴしゃりと書いてあったりして。

絶妙です。

「毎日」ってこんな感じよね、というところがハマった要因でしょうか。

大山に行って、別荘地もあって、ちょっと重なって見えました。

 

こんな風に、毎日を大切に噛み締めながら生きていくことって、

やっぱり名を馳せた作家さんのようにならないとできないことなんでしょうか??

« 花火観てきたよ! | トップページ | 珍しアイス&ドリンク!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103602/46778083

この記事へのトラックバック一覧です: 大山と『富士日記』~(*^ー^*):

« 花火観てきたよ! | トップページ | 珍しアイス&ドリンク!! »

別館サイト

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ