LINEオリジナルスタンプ

  • まるのたからばこ
  • まるのたからばこ

magnet114ツイート

わたしの読書

« 明石・大蔵海岸公園へぶらり | トップページ | さいあく・・・ »

東条湖リゾートに迷い込む

赤いクルマ(パジェロミニ)のオイル交換のため、近くのオートバックスで数十分滞在したあと、クルマの運転の練習場所を探して三木から少し奥地(?)へ進んでいくと、小野を通り越して加東市に入り込んだ。    
黄砂さえなければとてもいい天気で、ドライブ日和。    
窓を開けると鼻の中とノドの上のほうがちょっと不快。黄砂のせい?    
マスクしといたほうが良かったね。

 

山がない田舎を知らなかった。

 

田園風景っていえば、田んぼと山っていうセットでしか記憶になかった。   
山らしい山が見えない。    
いやー、かなり遠くに山はある。    
田んぼと、点在する民家と、1本2本・・て数えられる木がところどころにある。ときどき林(?)もある。

 

で、ときどきため池があるんだけど、それがなんともいえず、きれいなのです。   
「ふつう」にある池っていうか、たぶん、田んぼのあぜ道に直で隣接する、護岸整備されてない大きな水溜りを見たのが初めてだったから、ヘンな違和感と珍しさとが混在→びゅーてぃふる!!ていうことになったのかな。    
やはりわたしは「まちの子」だということだ。

 

デジカメを忘れたのが悔やまれます。   
天気は良かったのでいい写真が撮れたはず。

 

 

 

標識で「東条湖はあちら」みたいなのを見つけて、CMでしか知らなかった東条湖ランドおもちゃ王国方面へ行ってみた。    
湖が山に囲まれてた。    
湖面がとてもきれい!    
おもちゃ王国の駐車場はほぼ満車と見受けられ、繁盛しているっぽかった。    
近くにホテルもあった。

 

山の側面にぽつんぽつんと小屋みたいなのがいくつも見えた。

 

別荘地!!

 

ちょっと興味があったので、そっちまで行ってもらった。   
細い道を進んで登って行くと、その小さな家々に順次出会っていった。    
たまに車が停めてある家以外は、ほとんどが無人っぽい。    
建物はないけど名前が書いてある土地がいくつもあった。    
ひとりで家を建てているっぽい人もいた。

 

いつのまにかけっこうな標高のところまで来ていて、東条湖と周囲の田園を見下ろす眺めはとても良かった。   
そこまで行ったら道が未舗装で、旦那が喜んだ。

 

「四駆を試せる!」

 

砂利の上り坂で二駆だと多少すべったけど登れないほどでもなかった。   
四駆にするともっといけるということだ。

 

せっかくなので、写真撮った。

 

12Image0961 13Image0991 14Image0971

 

15Image0941   
↑こんな道。

 

16Image0981 
↑東条湖。うまく撮れないなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶芸家などのアーティストがここで活動していたり、週末ごとにここで過ごす人もいたりするようです。

 

まだまだ探検の余地がありそうです、北播磨!

 

▼ランキングに参加しています☆どうぞよろしくおねがいいたします!▼ 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村

« 明石・大蔵海岸公園へぶらり | トップページ | さいあく・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

へえぇぇ~楽しそうですな!
おもちゃおうこくnoteおもちゃてんごくnotesign03
ってやつですよね!
中は天国なのかな???ドキワク!!

>ころさん
あぁ~ちゃんがちょっとでっかくなったら連れて行ってあげたらいいんでない?
とても楽しそう♪
関西最大級のプールがあるって。↓↓↓
http://www.omochaoukoku.com/tojoko/index.html

その際にはうちにも寄っておくれ♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103602/33890556

この記事へのトラックバック一覧です: 東条湖リゾートに迷い込む:

« 明石・大蔵海岸公園へぶらり | トップページ | さいあく・・・ »

別館サイト

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ